丘陵多き西岡の地より

主に札幌近郊にてバスと鉄道を撮影しています。古参車から新車まで幅広く撮影しております。誤述があるかもしれませんがどうぞ暖かい目で見て下さい。

モノコックバスで行く往復2時間の旅!

久々の更新です。

今回は9月2日に士別軌道のモノコックバスに乗ってきました。

モノコックバス自体日本中でも現役なのは士別軌道を合わせて4台みたいです。


旭川22か1269 P-RC301P

82年式のRCで元々は和寒町の自家用車で98年に士別軌道に移籍しています。

車内は非公式側が2列、中ドアより前が1列、それより後ろが2列の座席配置です。

運転席上には「急停車にご注文」のブレーキランプも装備されていました。

運転席周りは比較的綺麗でロッドシフトが目に入りますね。


それでは乗車です。

士別駅前9:40分発風連行き。

乗車人数は5名程度、発車後しばらくすると街を抜けて田園風景の中をしばらく走ります。


その後、天塩川を渡り山の中を走ること10分程で日向温泉に到着

ここで地元の方が数名下車し、残りはバス愛好家の方々になりました。

日向温泉からの景色がなかなかよくとても素晴らしいです。

温泉発車後、ここを通るのかと言うほどの急な坂を下り、来た道を少し戻り風連へ。


風連到着後は同業の方も交えて撮影。

10分程撮影した後、士別に向い折り返し便の発車。

来た道をひたすら戻り士別に到着。

到着後、乗務員さんより往復乗車証明書を頂きました。乗車証明書を士別軌道本社の窓口に掲示し、アンケートに答えることによりポストカード1枚を貰うことができるようです。

道内では唯一現役のRCに乗ることができ、とても貴重な体験ができたので良かったです。

往復約2時間の旅で運賃は1060円なので皆さんもぜひ乗ってみてはいかがでしょうか?

18.7.22 千歳基地航空祭シャトルバス

7月22日に開催された千歳基地航空祭に今年も行ってきました。例年通りシャトルバスが運行されていたのでささっと全ての車両を撮りましたので去年通りの形式で載せて行きます。

因みに私自身もシャトルバスを利用して会場に入りました。運賃表示器には航空自衛隊千歳基地の文字がありました。


それでは本題、まずは第一陣

1-A

札幌200か2724 PKG-LV234N2

10年式のいすゞエルガ 平岡営業所所属

1-B

札幌200か2554 PKG-LV234N2

09年式のいすゞエルガ 平岡営業所所属

1-C

札幌200か2555 PKG-LV234N2

09年式のいすゞエルガ 平岡営業所所属

1-D

札幌200か3633 QPG-KV234N3

14年式の日野ブルーリボンⅡ 平岡営業所所属


続いて第二陣

2-A

札幌200か3763 QKG-MP35FM

14年式のふそうエアロスター 平岡営業所所属

2-B

札幌200か4485 QPG-KV290Q1

16年式の日野ブルーリボン 大曲営業所所属

2-C

札幌200か4230 QPG-LV290Q1

16年式のいすゞエルガ 大曲営業所所属

2-D

札幌200か4250 QPG-LV290Q1

16年式のいすゞエルガ 大曲営業所所属


続いて第三陣

3-A

札幌200か3092 KC-UA460LAN

99年式の日産ディーゼル(7E) 白石営業所所属

3-B

札幌200か3109 KC-HU2MMCA

99年式の日野ブルーリボン 白石営業所所属

3-C

札幌200か3293 KC-HU2MMCA

99年式の日野ブルーリボン 白石営業所所属

3-D

札幌200か3322 KC-LV280N

99年式のいすゞキュービック 白石営業所所属


続いて第四陣

4-A

札幌200か2803 PKG-AP35UM

10年式のスペースランナーA 札幌東営業所所属

4-B

札幌200か4840 2PG-KV290Q2

17年式の日野ブルーリボン 札幌東営業所所属

4-C

札幌200か2411 PKG-RA274MAN

09年式のスペースランナー 札幌東営業所所属

4-D

札幌200か2804 PKG-AP35UM

10年式のスペースランナーA 札幌東営業所所属


続いて第五陣

5-A

札幌200か2723 PKG-LV234N2

10年式のいすゞエルガ 平岡営業所所属

5-B

札幌200か1915 PJ-KV234N1

07年式の日野ブルーリボン 平岡営業所所属

この車は北海道命名150周年記念ラッピングとなってます。

5-C

札幌200か2730 PKG-LV234N2

10年式の日野ブルーリボン 平岡営業所所属

5-D

札幌200か4909 2PG-KV290Q2

18年式の日野ブルーリボン 大曲営業所所属


続いて第六陣

6-A

札幌200か3094 KC-UA460LAN

99年式の日産ディーゼル(7E) 白石営業所所属

6-B 札幌200か3376 KC-LV280N

00年式のいすゞキュービック 白石営業所所属

6-C

札幌200か3381 KC-LV280N改

99年式のいすゞシャシ富士架装(7E) 白石営業所所属

6-D

札幌200か3411 KC-LV280N改

99年式のいすゞシャシ富士架装(7E) 白石営業所所属


ラスト第七陣

7-A

札幌200か2732 PKG-KV234N2

10年式の日野ブルーリボンⅡ 札幌東営業所所属

7-B

札幌200か2715 PKG-KV234N2

10年式の日野ブルーリボンII 札幌東営業所所属

7-C

札幌200か2733 PKG-KV234N2

10年式の日野ブルーリボンⅡ 札幌東営業所所属

札幌200か2713 PKG-KV234N2

10年式の日野ブルーリボンⅡ 札幌東営業所所属



今年は去年とは違いJHBがシャトルバスから撤退したため全て中央バスとなり、去年より一陣減った全七陣での運行となってました。


以上で今回は終わりです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

軌道検測車マヤ35 日高本線検測

久々の更新、今回は鉄道記事です。


6月2日に行われた日高本線の検測を撮影してきました。


まず向かったのは勇払〜浜厚真間の厚真川橋梁、先客がいましたが問題なくフリーな位置で撮影することが出来ました。


撮影地に着いてから約30分後…タイフォンが聞こえてきました。

タイフォンが聞こえたあと近くの踏切が鳴り、通過して行きました。

編成は鵡川方にキハ40-301、真ん中にマヤ35、最後尾にキハ40-304という安定の検測編成です。


その後鵡川駅は追っかけて転線を撮影

転線後して駅舎側に入線

因みにキハ40-301のマヤ寄りの方向幕が浦臼札幌幕でした(笑)


ホームに行き、編成の細部を撮影

鵡川駅である事を駅名標と絡めて撮影

次の全検で消えるであろう検査表のHITACHIの文字など。

話題のキハ40-301です。検測用に改造された所が目立ちますね。


一通り撮影した後に折り返しを撮るために移動。


やって来たのは勇払〜浜厚真間のオーバークロス。ちょうど橋梁の上で鳥が休んでました(笑)


橋梁で吹鳴

通過後のバックショットを撮ってみたら見事にキハ40-301の蓋が開いてました。


その後苗穂への回送は時間があったのでお昼ご飯に、天丼がとても美味しかったですね


腹ごしらえをした後に最後の撮影をする為に恵庭〜恵み野間に移動。



練習電として721の初期車重連と733をパシャリ


特急すずらんで785も走っていきました


そして本命のマヤサンドのマヤサンドを撮影して無事に撮影を終了。


何事もなく撮影を終われたので良かったですね。

その後私は千歳駅前に移動し、急行千歳に乗車して札幌に帰りました。

乗車バスは札幌200か2943の元神奈中、ワンロマのエアロスターでした。


という訳で最後までご覧頂き有難う御座いました。また次回も見てくれれば幸いです。