丘陵多き西岡の地より

主に札幌近郊にてバスと鉄道を撮影しています。古参車から新車まで幅広く撮影しております。誤述があるかもしれませんがどうぞ暖かい目で見て下さい。

航空管制センター行きラストラン

ご覧いただきありがとうございます。

今回は平成30年3月31日をもって廃止となった26系統(丘珠空港線)についてです。

26系統は札幌ターミナルと航空管制センターを結ぶ路線で、地下鉄割引が適用されない停留所が多いのが特徴。札幌東営業所の管轄であるが一昔前は石狩営業所と共同管轄だった時もある。


そんな26系統のラストラン便(3月31日16時20分発札幌ターミナル発航空管制センター行き)に乗車してきました。

乗車バスは札幌200か3295(KC-LV280L)で元京急バスのキュービックです。

バス乗車中に対向のバス停を確認しましたが、バス停が撤去されてました。

終着の航空管制センターで撮影する時間があったのでいろいろ撮影しました。

バス停は撤去済みです。

以上が26系統ラストランのレポートになります。これ以下は私の帰宅工程になります(笑)


ラストランに乗車後に麻26系統に乗り地下鉄麻生駅に向かいました。

バスから下車後に札幌22か2804を発見。

麻33系統の表示を出して待機中でした。せっかく一日乗車券を持っているので乗車することにしました。

そして乗車、終着の数個前の停留所で私以外の乗客が全員降りて貸切状態のまま篠路10-4に到着。

2804を下車してお見送り。


因みに走行音も収録していました。

↓麻33系統札幌22か2804の走行音となります。


【バス走行音】北海道中央バス◆麻33(篠路駅前団地線)札幌22か2804 KC-HU2MPCA


その後道路を渡り、下車したバス停の向かいのバス停から22系統札タ行きに乗車。

乗車バスは札幌200か2440です。

そして札幌駅前で下車して私は地下鉄で帰りました。


というわけで今回の記事は終わりにしたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。